中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ワニンドゥ・ハサランガが7-19を記録し、スリランカがジンバブエを圧倒してODIシリーズを制覇

サイトを見る

スリランカがジンバブエに勝利し、2-0でODIシリーズを制する

スリランカの脚スピナー、ワニンドゥ・ハサランガがキャリアベストの7-19を記録し、ジンバブエに対して8ウィケットでの勝利を収め、コロンボでのODIシリーズを2-0で制しました。

試合は2度の豪雨により27オーバーに短縮され、ハサランガは6か月のハムストリングのけがから復帰した初戦で、ジンバブエをわずか96点に抑えました。

スリランカは17オーバーでランを追いかけ、クサル・メンディスが51ボールで66点を挙げました。

ジンバブエは43点で無失点の好スタートを切りましたが、ハサランガの登場で状況は一変しました。

ハサランガのグーグリーは2オーバー目までに3つのウィケットを奪い、ジンバブエは47-3となり、最終的には4人のバッターがLBWでアウトしました。

ハサランガの5ウィケット目は、R.プレマダサスタジアムの新記録であり、2009年のアンジェロ・マシューズの6-20による記録を塗り替えました。

これはスリランカのボウラーによるODIで2番目に良い成績であり、2001年のチャミンダ・ヴァースによる8-19に次ぐものです。

ジンバブエのトップスコアは29点のジョイロード・ガンビーでした。

ハサランガはT20シリーズでスリランカをキャプテンとして率いる予定であり、フィールドを去る際にスタンディングオベーションを受けました。

メンディス主将はデビュタントのシェヴォン・ダニエル(12)との2番目のウィケットで73ランのパートナーシップを築き、ホストチームは62デリバリーを残して快勝しました。

シリーズの最初の試合は雨で中止され、ホストチームは2点差での激戦を制しました。

両チームの3試合のT20シリーズは日曜日に始まり、全試合がコロンボで行われます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です