中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ロイヤル・カリビアンのアイコン・オブ・ザ・シーズ、世界最大のクルーズ船、マイアミを出航

サイトを見る

世界最大のクルーズ船、Icon of the Seasが初航海

ロイヤル・カリビアンのIcon of the Seasは、マイアミを出発し、小さな都市の人口に匹敵する乗客を乗せて初航海しました。

巨大な船には多くの設備が備わっています

この船はフィンランドのトゥルクの造船所で900日以上かけて建造され、エッフェル塔よりも高い長さを持ち、20階建てで5,600人以上の乗客(最大容量は7,600人)と2,350人の乗組員を収容することができます。

この船には、7つのプール(40,000ガロンの「湖」を含む)、6つのウォータースライダー、回転木馬、ロイヤル・カリビアンによれば海上最大のアイスアリーナ、40以上のダイニング施設やバーなどがあります。

さらに、50人のミュージシャンやコメディアン、16人編成のオーケストラも乗船しています。

環境に配慮した船

この20億ドルのIconは、ロイヤル・カリビアンの新しいQuantumクラスの船で、最新の技術が搭載されています。また、その巨大なサイズにもかかわらず、一部の小型クルーズ船よりも環境に優しいとされています。

Iconは、所有者によれば環境に優しい液化天然ガス(LNG)で動いています(ただし、一部の専門家はLNGシステムが大気中に有害なメタンガスを漏らす可能性があると指摘しています)。

また、廃棄物をエネルギー生産ガスに変換するためのマイクロ波補助ピロリシスシステムや、船が必要とするほぼすべての淡水を供給する逆浸透システムも搭載されています。

初航海とその後の予定

Iconは火曜日に洗礼を受け、サッカースターのリオネル・メッシがボタンを押して船首にシャンパンのボトルを割りました。

初航海は完売となり、チケットの需要は「前例のないもの」となっています。Iconはカリブ海で1週間過ごした後、マイアミに戻ります。

長さ2,000フィート(365メートル)のIconは、ロイヤル・カリビアンの姉妹船であるやや小さなWonder of the Seasから「世界最大の船」の称号を奪います。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です