中東の要約記事を毎分お届け配信中!

リバキナがカサトキナを圧倒し、アブダビのタイトルを獲得

サイトを見る

エレナ・リバキナがムバダラ・アブダビ・オープンで優勝

エレナ・リバキナがムバダラ・アブダビ・オープンの決勝でダリア・カサトキナを6-1、6-4で破り、今シーズン2つ目、通算7つ目のトロフィーを手にしました。

リバキナは試合後、「メルボルンで問題があったので、今週は期待せずに臨んでいました。コートに戻るために時間が必要でした」とコメントしました。

リバキナは大会中に自信をつけ、毎試合でより自信を持ってプレーできたことを誇りに思っています。

リバキナは最初のセットを25分で制し、2つのブレークを奪いました。しかし、カサトキナも2つのブレークバックを果たし、セットは4-4の同点になりました。

最終的にリバキナがクロスコートのショットでカサトキナをブレークし、雨の一時中断後にサーブで勝利を確定させました。

リバキナとカサトキナは今後カタール・オープンに参加し、リバキナは2回戦からの出場となります。

カサトキナは準決勝での激闘の末に敗れたことに落胆していますが、シーズン初めの調子には前向きな姿勢を保っています。

ダブルスでは、ソフィア・ケニンとベサニー・マテック=サンズがリンダ・ノスコバとヘザー・ワトソンを6-4、7-6(4)で破り、優勝しました。

マテック=サンズは通算29回目のダブルスタイトルであり、ケニンにとっては3回目のタイトルです。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です