中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ランボルギーニ、CEOによると昨年初めて1万台の販売を達成

サイトを見る

ランボルギーニ、過去最高の販売台数を達成

イタリアの高級スポーツカーメーカーであるランボルギーニは、昨年初めて1万台以上の車両を販売したと、同社の会長兼最高経営責任者であるステファン・ウィンケルマン氏が火曜日に発表しました。

ウィンケルマン氏はLinkedinで「私たちがまたひとつの歴史的なマイルストーンに到達したことを発表できることを、とても誇りに思っています」と述べました。

ランボルギーニは、最近の数年間でウルスSUVの成功に支えられ、富裕層の車好きからの堅調な需要に頼って、生産を拡大してきました。ウルスの価格は現在23万ユーロ(25万ドル)以上です。

ランボルギーニは、ドイツのフォルクスワーゲンの子会社であり、昨年は合計で10,112台のスポーツカーとSUVを納車しました。これは2022年の9,200台以上からの増加です。

2023年のデータはまだ発表されていませんが、競合するフェラーリは昨年2022年に13,200台以上の車を出荷しました。

昨年、ランボルギーニの納車台数が最も増加した地域は、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)で、約4,000台の車両で14%の増加がありました。アメリカ地域では3,465台で9%増加し、アジア太平洋地域では2,660台で4%増加しました。

ランボルギーニのラインナップには、ハリケーン10気筒とレヴェント12気筒の2つのスーパースポーツカーがあります。また、昨年発表された初のプラグインハイブリッドモデルであるレヴェントも含まれています。2024年までに、新しいウルスとハリケーンの後継車が加わり、ラインナップはすべてハイブリッド車になる予定です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です