中東の要約記事を毎分お届け配信中!

モハメド・ビン・ラシッド:UAEは政府サービスの優れた世界リーダーを目指す

サイトを見る

UAE政府、ゼロ官僚主義プログラムを推進

アラブ首長国連邦(UAE)政府は、政府の官僚主義を削減し、サービスの迅速な提供を実現することを目指す「ゼロ官僚主義」プログラムを推進しています。このプログラムは、政府手続きを最も簡単で迅速かつ効率的なものにすることを目指しており、各省庁や政府機関に対して、少なくとも2,000の手続きを削減し、手続きにかかる時間を最低50%短縮するよう指示しています。

モハメド・ビン・ラシッド副大統領、ゼロ官僚主義プログラムに参加

UAEのモハメド・ビン・ラシッド副大統領は、政府の官僚主義を削減し、サービスの迅速な提供を実現することが国の目標であると強調しました。彼は「手続きは人々のためにあり、彼らの生活をより簡単にするためのものです。官僚主義は、政府がサービスを開発する上で直面する主要な課題です。政府機関の進展を評価し、1年以内に結果を発表します。政府の官僚主義の削減とサービスの迅速な提供は、私たちの将来戦略の2つの柱です。」と述べました。

ゼロ官僚主義プログラムの成果を発表

30の省庁や政府機関が106のサービスを開発した成果が発表されました。また、ゼロ官僚主義プログラムの一環として、連邦機関の官僚主義を削減するための分類システムや連邦政府職員向けのインセンティブと報酬制度も導入されます。さらに、国レベルでの官僚主義削減の個人やチームの取り組みが認められ、表彰される予定です。

官僚主義削減の成功要因についてのセッション

官僚主義削減の成功要因についてのセッションが行われ、グローバルな専門家であるマーティン・リンドストロム氏が講演しました。また、官僚主義によって引き起こされる課題や政府手続きの簡素化と効率化のための改善策について、ドバイ商工会議所のモハメド・ルータCEOとアブダビ商工会議所のアフメド・カリファ・アルクバイシCEOがパネルディスカッションを行いました。

政府手続きの削減と改善に向けた取り組み

政府手続きの削減と改善に向けた取り組みが加速するためのセッションが行われました。各省庁や政府機関は、少なくとも2,000の手続きを削減し、手続きにかかる時間を最低50%短縮するよう指示されています。また、最初のサイクルでは、30の連邦政府機関が106のサービスを開発し、政府サービスの向上、顧客体験の手続き数の削減、政府サービス提供時間の短縮に成功しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です