中東の要約記事を毎分お届け配信中!

モハメド・ビン・ラシッドがWGS 2024前にIMF専務理事と会談

サイトを見る

ドバイで国際通貨基金(IMF)のマネージングディレクター、クリスタリーナ・ゲオルギエヴァ氏との会談が行われました。

ドバイのワールドガバメントサミット2024(WGS)が始まる前に、アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領兼首相であるモハメド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム皇太子殿下は、テーマが「未来の政府を形作る」であるドバイで、IMFのマネージングディレクター、クリスタリーナ・ゲオルギエヴァ氏と会談しました。

強い関係

会談では、様々なグローバル経済問題、UAEとIMFの強い関係、UAEの急成長する経済がグローバルビジネスが繁栄するための最適な環境を提供していることなどが話し合われました。会談中、モハメド皇太子殿下は、WGSの役割について言及し、将来の統治のトレンドを予測し、持続可能なグローバル経済を支援する取り組みをサポートする役割を強調しました。

解決策のプラットフォーム

ゲオルギエヴァ氏は、WGSが建設的な対話を促進し、意思決定者、国際的な専門家、さまざまな分野の専門家との知識と専門知識の交換を容易にするプラットフォームとして機能していることを強調しました。また、サミットは、グローバルな課題に共同で取り組むための革新的な解決策を生み出すプラットフォームとして機能し、人類の明るい未来を形作ることに貢献していると述べました。IMFのマネージングディレクターは、UAEとの強固な関係にも言及しました。

ワールドガバメントサミット2024は、2月12日から14日まで開催されています。25人以上の国家元首や世界の指導者、85以上の国際・地域組織、140の政府、さらには思想リーダーや国際的な専門家が集まり、主要なグローバルな未来のトレンドを探求することを目指しています。

サミットでは、110以上のパネルディスカッションやインタラクティブセッション、200人以上の国際的なスピーカー、23の閣僚会議や執行部会議が行われ、300人以上の閣僚が参加する予定です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です