中東の要約記事を毎分お届け配信中!

マシューズとチャンディマルの2人のセンチュリーが、スリランカをアフガニスタンとのテストマッチで優位に立たせる

サイトを見る

スリランカ、アフガニスタンに対し強いリードを築く

スリランカのディネシュ・チャンディマルとアンジェロ・マシューズが、1試合限りのテストマッチで記録的な232ランの4番目のウィケットのパートナーシップを組み、スリランカを2日目の終了時点で212ランのリードで4つのウィケットを残してリードしました。

マシューズが141ランでアウト、サマラウィックラマが21ランで残る

マシューズは最終ボールで141ランでアウトし、サディーラ・サマラウィックラマ(21ラン)がまだクリースに残っている状態で、スリランカは212ランのリードを持って4つのウィケットを残して終了しました。

チャンディマルとマシューズのパートナーシップが記録を更新

チャンディマル(107ラン)もこのパートナーシップでセイネス・スポーツクラブで32年間破られていなかった記録を更新し、センチュリーを達成しました。

アフガニスタンのボウラーによる正確なボウリングに対応

マシューズとチャンディマルは、朝のセッションで3つのウィケットが落ちた後に組み合わせ、スリランカがまだ50ランのリードであった状況で、アフガニスタンの速球投手による正確なボウリングに対応しました。

マシューズが16回目のテストセンチュリーを達成

マシューズは16回目のテストセンチュリーを達成し、Qais Ahmadのフルトスをバックワードポイントの後ろにカットして2ランを獲得しました。彼のイニングは、2015年のパキスタン戦での122ランに次ぐスリランカでの最高記録でした。

チャンディマルが15回目のテストセンチュリーを達成

チャンディマルは、Nijat Masoodからのボールをミッドオンの後ろにクリップして15回目のテストセンチュリーを達成しました。しかし、62オーバー後にアフガニスタンがブレークスルーを見つけ、彼はキャッチされました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です