中東の要約記事を毎分お届け配信中!

マイクロソフト、時価総額3兆ドルに到達

サイトを見る

マイクロソフトの時価総額が3兆ドルを突破

マイクロソフトの株式市場価値が、初めて3兆ドルのマイルストーンを達成しました。これにより、同社は世界で2番目に価値のある企業としての地位を保ち、Appleに次ぐ位置を維持しています。

マイクロソフトとApple、時価総額のトップ争い

マイクロソフトとAppleの株式は、年初からウォールストリートで最も時価総額の大きい株式のトップを争っており、1月にはiPhoneメーカーが一時的にソフトウェア大手にトップの座を明け渡しました。

マイクロソフトの時価総額が3兆ドルを突破

マイクロソフトの株価は1.7%上昇し、1株405.63ドルの最高値を記録しました。これにより、時価総額が3兆ドルを超えました。一方、Appleの株価は0.3%上昇し、1株195.50ドルで取引され、時価総額は3.02兆ドルとなりました。

マイクロソフトのAI技術への投資

マイクロソフトは、ChatGPTメーカーのOpenAIへの投資をバックに、他のテック大手(Googleの親会社であるAlphabet、Amazon.com、Oracle、Facebookの親会社であるMeta Platformsなど)との間で、生成型人工知能(AI)の展開における市場支配を争う中で、有力な存在と見なされています。

マイクロソフトのAI技術の活用

OpenAIの技術を活用して、マイクロソフトは旗艦の生産性ソフトウェア製品やBing検索エンジンの新バージョンを展開しており、Googleの支配的な検索サービスに対抗することが期待されています。

Appleの課題

一方、Appleは中国を中心にiPhoneの需要の減速に直面しており、国内のHuawei Technologiesなどの競合他社からの激しい競争に対抗するため、顧客に対して珍しい割引を提供して販売を促進しています。

アナリストの見解

Stifelのアナリスト、Brad Rebackは、「マイクロソフトにはAIに対する楽観的な見方があると思います」と述べ、「Appleには同じような明確なAIストーリーがなく、iPhoneの売上成長率と浸透率に関する懸念もあります」と付け加えました。

マイクロソフトの株式をカバーしている54人のアナリストは、1か月前の415ドルから中央値の目標株価を425ドルに引き上げており、彼らの平均的な推奨は「買い」となっています。

今後の試練

ウォールストリートのマイクロソフトとAppleの株式は、メガキャップの米国のテクノロジー関連企業が業績を発表する中で、過去最高値を更新するかどうかが試されることになります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です