中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ボーイングCEO:アラスカ航空の事件は「私たちのミス」、透明性を誓う

サイトを見る

ボーイングCEO、アラスカ航空のインシデントに責任を取る

ボーイングの最高経営責任者(CEO)であるデイブ・カルホーン氏は、アラスカ航空の近くで起きた事故について「完全な透明性」を約束し、最新の危機からの転換を図ると述べました。

ミスを認め、透明性を保証

カルホーン氏は、金曜日の緊急着陸の後に開かれた安全会議で従業員に対し、「私たちはまず、私たちのミスを認めることから始めます。そして、透明性を持って、一歩一歩進めていきます」と述べました。この事故は、飛行中に飛行機のパネルが吹き飛ぶというものでした。

NTSBとの協力

カルホーン氏は、2020年1月にボーイングの最高経営責任者に就任し、737 MAXの2つの致命的な事故に直面していた同社と共に、国家運輸安全委員会(NTSB)と協力することを約束しました。

FAAによる737 MAX 9の運航停止

アラスカ航空の飛行機と同じ構成の737 MAX 9機171機が、連邦航空局(FAA)によって運航停止されました。

問題のパネル

問題のパネルは、飛行機の不要な非常口を埋めるために使用されるドアプラグです。

FAAとの協力

火曜日には、FAAはボーイングと協力して、運航停止された飛行機の詳細な検査手順を最終的にまとめる作業を行っていると発表しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です