中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ペレグリンランダー:月ミッション失敗後、南太平洋上で行方不明となったアメリカの宇宙船

サイトを見る

アメリカの宇宙船が月への着陸に失敗し、南太平洋の遠隔地域で消失

アメリカの宇宙船が月への着陸に失敗し、南太平洋の遠隔地域で消失した可能性があります。この宇宙船はNASAと民間業界の新しいパートナーシップの一環で打ち上げられ、アメリカの納税者の負担を軽減し、月の経済を育成することを目的としていました。

爆発と燃料漏れにより、宇宙船は目的地に到達できず

しかし、この宇宙船はロケットから分離した直後に爆発し、燃料漏れが発生しました。その結果、外殻が損傷し、目的地に到達することが不可能になりました。

宇宙船は制御された再突入を行い、南太平洋上の開放水域に落下

最新のアップデートでは、宇宙船との連絡が2100 GMTの直前に途絶え、現地時間の金曜日の午前中に「開放水域での制御された再突入」が予想されると報告されました。ピッツバーグに拠点を置く会社は、関連する政府機関からPeregrineの運命についての独立した確認を待つと述べました。

宇宙船は10日以上にわたって活動し、多くの貨物を搭載

Peregrineは10日以上にわたって活動し、アメリカの宇宙船としては50年以上ぶりの月面へのソフトランディングを達成することはできませんでした。NASAはこの会社に対してCommercial Lunar Payload Services(CLPS)プログラムの下で1億ドル以上支払い、科学機器を月に送る契約を結んでいました。

次の試みは2月に行われる予定

今回はうまくいきませんでしたが、NASAの関係者は「より多くのチャンスを得るための戦略」を明確にしており、次の試みは2月に行われる予定です。また、日本の宇宙機関も「Moon Sniper」と呼ばれる宇宙船を打ち上げ、土曜日の午前0時(金曜日の1500 GMT)に月面へのソフトランディングを試みる予定です。

日本が5番目の国となる可能性も

もし成功すれば、日本はソビエト連邦、アメリカ、中国、インドに続いて、月面へのソフトランディングを達成した5番目の国となります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です