中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ベンヤミン・ネタニヤフ氏、戦後にガザ地区の安全を管理することを誓う

サイトを見る

イスラエル、パレスチナ自治政府の支配を拒否

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、アメリカの要請にもかかわらず、戦後も西岸地区とガザ地区の安全管理を主張し、パレスチナ自治政府の支配を拒否すると述べました。

安全管理は必須条件

ネタニヤフ首相は、「これは必須条件であり、主権のアイデアと矛盾している」と述べ、「私たちが去るすべての領土は、私たちに対する恐ろしいテロの発射地となる」と語りました。

アメリカに抗議

ネタニヤフ首相は、自身の立場をアメリカに伝え、「イスラエルに現実を押し付ける努力」を抑制したと述べました。また、「イスラエルの首相は、最も親しい友人にもノーと言えるべきだ」とも述べました。

アメリカの立場

アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官や他の関係者は、パレスチナに将来的な国家がなければ、持続的な平和は不可能だと述べています。ブリンケン国務長官は、テルアビブでの声明で、「イスラエルは、パレスチナが効果的に自己統治する能力を損なうような行動を止めなければならない」と述べました。

ネタニヤフ首相のコメントに対するアメリカの反応

アメリカ国務省の報道官は、ワシントンで記者団に対し、イスラエルがパレスチナ国家を確立しない限り、長期的な課題を解決する方法はないと述べました。「イスラエルには、創設以来直面してきた課題に取り組む歴史的な機会があり、私たちはその国がその機会を利用することを望んでいます」と述べました。

ガザ地区の民間機関の受け入れ

ネタニヤフ首相は、ガザ地区の民間機関を受け入れる意向を示し、「イスラエルの破壊を説いたり、教育したり、テロリストをイスラエルに送ったりしない」ガザの人々を見つけることができれば嬉しいと述べました。

パレスチナ自治政府の計画

パレスチナ自治政府は、現在の戦争終結後にガザを運営する計画をアメリカの関係者と協力して進めていると、パレスチナのムハンマド・シュタイエ首相はブルームバーグニュースに語りました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です