中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ベイルート空港のスクリーンが「ヒズボラの批判者によってハッキングされた」と表示される

サイトを見る

ベイルート空港がサイバー攻撃を受ける

レバノンの国営通信社によると、ベイルート空港は日曜日にサイバー攻撃を受けたと報じられています。現地メディアが共有した映像によれば、空港のターミナルのディスプレイには反ヒズボラのメッセージが表示されていました。

サイバー攻撃により空港の運営に影響

国営通信社によると、「サイバー攻撃により出発と到着の表示スクリーンが乱れ、BHSの手荷物検査システムにも影響が出た」とのことです。

空港の正常運営を回復するために対策を講じる

当局は「空港の表示スクリーンを回復し、通常の運動を維持するために取り組んでいる」と述べています。

メッセージはヒズボラとイランの空港ではないと主張

報道によれば、メッセージには「空港はヒズボラとイランの空港ではない」と書かれていました。また、同メッセージはヒズボラの指導者であるハサン・ナスララに向けて「国を戦争に巻き込むなら誰もあなたを支持しない」と述べ、「私たちは誰かの代わりに戦わない」とも主張していました。

エスカレーションの恐れが高まる

ハマスの副指導者がヒズボラの南ベイルートの拠点で殺害されたことが、イスラエルによって行われたと米国の国防関係者が述べたことで、エスカレーションの懸念が高まっています。

武器の持ち込みにより空港が危険にさらされるとの警告

空港のメッセージは「武器を持ち込むことで空港を爆破するつもりか。空港を(ヒズボラの)小国の支配から解放しろ」と述べています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です