中東の要約記事を毎分お届け配信中!

フィリピン:「ハラールフレンドリー」な取り組みで12万の雇用と40億ドルの投資を目指す

サイトを見る

フィリピン、ハラルフレンドリーな産業を推進

フィリピンは、観光、食品、化粧品、金融、物流、サービス、製造業など、数十億ドル規模のハラルフレンドリーな産業を推進する野心的な取り組みを開始しました。

これは、11月に財務省(BTr)が発行した10億ドルのスクーク(シャリア準拠)債券が5倍の過剰需要を受けたこと、およびフィリピンが6月にシンガポールで開催された名門ハラル・イン・トラベル・グローバル・サミット2023で「新興のムスリムフレンドリーな目的地」として受賞したことに続いています。

これらの2つのイベントは、フィリピンがハラルに向けた政府全体の取り組みを確認し、世界市場で最も有望なセクターの1つであるハラルが驚異的な7.7兆ドルに達するという見積もりを裏付けています。

フィリピンのハラルの重要性

フィリピン国内のムスリム人口は10%、つまり1200万人と推定されています。フィリピン国内には、ハラル製品に対する巨大な需要があり、船荷証券にハラルと宣言された製品の輸入額は1億2000万ドル(約66.7億ペソ)に達しました。

フィリピン中央銀行(BSP)も、国内でのハラル銀行業務と金融の拡大に向けた取り組みを開始しました。

ハラルフレンドリーなフィリピンへの取り組み

新たな取り組みでは、フィリピンのハラル委員会(貿易産業省とムスリムフィリピン人委員会(NCMF)が主導)は、より広範な地域およびグローバルな展開を目指してキャンペーンを拡大することを目指しています。

まず、新たな取り組みでは、国内で生産されるハラル製品を6,000品目に倍増させ、新たな投資として2300億ペソ(40億ドル)を集め、12万の雇用を創出することを目指しています。

この戦略的計画は、フィリピンのハラル製品の国内消費および輸出の増加に加えて、シャリア準拠の金融やムスリムフレンドリーな観光の拡大を目指しています。

アジア太平洋の拠点として

フィリピンの貿易産業省(DTI)は、現在のフレッド・パスカル長官のもとでこの取り組みを主導しています。その目標は、すべての関係者を結びつけ、包括的なハラル「バリューチェーン」の開発に向けた「政府全体のアプローチ」を確保するためのワンストップショップを設立することです。

パスカル長官は、マニラのワールドトレードセンターで開催された4年間のフィリピンハラル産業開発戦略計画の発表会を主宰しました。この発表会には、いくつかのムスリム諸国の外交官も参加しました。

パスカル長官は、「私たちは『ハラルフレンドリーフィリピン』キャンペーンを立ち上げることを喜んでいます。この国家的なイニシアチブは、フィリピンをアジア太平洋地域の顧客志向、協力的、包括的、競争力のあるハラルのゲートウェイと目的地にすることを目指しています」と述べました。彼はまた、この戦略がフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領の「8つの社会経済政策」に沿っていると付け加えました。

輸出

フィリピンは、ハラル評価のされた屠畜場からパッケージングや物流まで、イスラム教徒の人口が多い輸出市場向けのハラル食品加工拠点としての地位を確立しています。

フィリピンのイスラム諸国への輸出は着実に増加しており、特にマレーシア、UAE、サウジアラビア、シンガポール、イラン、カタール、クウェートへの輸出が増えています。2021年における主要なハラル市場へのフィリピンの輸出トップは、生のバナナ(4500万ドル)、パイナップル製品(2500万ドル)、美容と化粧品(730万ドル)、カラギーナン(290万ドル)、医薬品(200万ドル)、原油ココナッツオイル(94.2万ドル)、乾燥マンゴー(9.7万ドル)、カラマンシー/トロピカルレモン(3.4万ドル)です。

この計画は、消費者の意識の高まり、多文化主義と寛容さの受け入れ、健康と安全への関心の高まり、電子商取引の普及、OIC諸国からの貿易と投資の増加などを活用して、フィリピンのハラル推進を促進することを期待しています。

昨年の2023年フィリピンハラル経済フェスティバルでは、予算管理省(DBM)のアメナ・F・パンガンダマン長官がハラルの重要性を強調しました。「食事に関する考慮を超えて、それは文化的な洞察力を提供し、私たちのアイデンティティに不可欠です。フィリピンハラル経済の経済成長の巨大な潜在能力を認識することは遅すぎました」と彼女は述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です