中東の要約記事を毎分お届け配信中!

フィリピン証券取引所は、2024年にIPOを倍増する見込み

サイトを見る

フィリピン証券取引所、2024年のIPO数を倍増予想

フィリピン証券取引所は、デビュー企業よりも上場廃止企業が多かった停滞した年を経て、2024年に初めて公開株式(IPO)の数が倍増すると予想している。

今年は6社のIPOが予定されている

証券取引所のモンゾン会長は、シティコア・リニューアブル・エナジー社を皮切りに、今年は6社がIPOを行う見込みだと述べた。昨年は3社のIPOがあり、目標の14社には遠く及ばず、4社が自主的に上場廃止となった。

2024年には市場状況が改善する見込み

モンゾン会長は、「2024年にはマクロ経済指標の改善が市場状況を牽引する見込みだ」と述べ、成長する国内経済とインフレの鈍化を挙げた。

マニラの指標株価は6,800〜8,300ポイントの範囲に到達する可能性

モンゾン会長によると、アナリストの予測に基づき、マニラの指標株価は6,800〜8,300ポイントの範囲に到達する可能性がある。昨年の指標株価は6,450.04ポイントで、2022年から1.8%減少した。彼は、米国とフィリピンの中央銀行による利下げとインフラ投資の増加を背景に、この見通しを述べた。

取引活性化のための規制改革を推進

モンゾン会長は、取引活性化のために、株式取引税を0.6%から0.1%に引き下げる規制改革や、非居住者に対する配当税を25%から10%に引き下げる規制改革を推進すると述べた。

最小投資額の引き下げやアルゴリズム取引の導入を計画

証券取引所はまた、最小投資額の引き下げやアルゴリズム取引、出来高加重平均価格(VWAP)取引などのイニシアチブを追求する予定だとモンゾン会長は述べた。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です