中東の要約記事を毎分お届け配信中!

フィリピンのカトリック信者が熱狂的なパレードでブラック・ナザレンに群がる

サイトを見る

フィリピンの巨大な宗教行事、黒いナザレの行進が開催される

フィリピンの首都マニラで、数十万人のカトリック信者が歴史的なイエス・キリストの像に群がり、世界最大級の宗教的な儀式を行いました。

黒いナザレと呼ばれるこの像に触れることや、その像につながれたロープに触れることは、奇跡的な癒しの力があると信じられています。

行進のルートには15,000人以上の警備員と医療スタッフが配置され、2百万人以上の人々が参加すると予想されています。

この行事は2020年以来初めて開催されたもので、新型コロナウイルスの影響で規模が縮小されました。

参加者は初めてガラスケースに入った像に触れることができず、ガラスにタオルを拭くことで奇跡を受けることを願っていました。

警備員は過去の行進よりも平和になることを願っており、行進の準備をしていました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です