中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ビデオ:豪雨と雷雨がUAEを襲う;住民に不安定な状況に注意を促す

サイトを見る

UAE各地で豪雨と雷雨による悪天候の警告

日曜日、UAEの7つのエミレートのうち6つで、雷雨を伴った中から大雨が観測され、UAEの国立気象センター(NCM)がアブダビ、ドバイ、シャールジャ、フジャイラ、アジュマン、ラアス・アル・ハイマで雨を観測しました。

気象庁はオレンジとイエローアラートを発令しました。イエローアラートは「注意が必要」という意味で、屋外活動中に警戒するよう個人にアドバイスしています。オレンジアラートは「準備をする」という意味で、予想される危険な天候事象に警戒を呼びかけています。当局の指示に従うことが勧められています。赤色アラートの場合、予想される非常に激しい天候事象に対して行動を起こし、非常に警戒するよう住民に求められています。

内務省は、国内で雨や風、雷、稲妻、雹が観測されていると述べました。不安定な状況により、道路上の水平視界が低下しています。

住民は注意を払い、運転時の速度を落とし、水たまりや急流に近づかないようにするよう呼びかけられています。海に入ることは危険であり、ビーチから離れるように求められています。海の状況は最初は穏やかですが、特に雲の活動がある場合には荒れる可能性があります。

内務省は、気温の低下に対応するための準備が整っていることを強調しました。公衆は、雨、雷雨、洪水に関するニュースの最新情報については、公式の情報源に頼るよう強く勧められています。

ドバイの政府職員は、2月12日(月曜日)に不安定な天候が予想されるため、リモートワークを許可されました。この決定は、ドバイの全政府機関の職員を対象としており、職場への出勤が必要な仕事を除きます。

ドバイの私立学校、保育園、大学は、2月12日に学生に遠隔学習のオプションを提供するようアドバイスされています。不安定な天候の状況下で、知識と人間の発展庁(KHDA)は、保護者、教職員、学生のニーズを考慮して柔軟な学習オプションを検討するよう機関に助言しています。

先週、NCMは日曜日から火曜日までの間に、様々な強度の降雨に関する天気警報を発令しました。

月曜日の天気予報

気象庁は、不安定な天候が続き、曇りの状態が持続すると予想されており、散在する地域で降雨、稲妻、雷を伴う積乱雲による降雨が予想されています。国内では気温が大幅に低下する見込みです。

風は最初は北東から南東に向かって穏やかで、時折新鮮で強くなる可能性があります。特に雲の活動がある場合には、砂塵や砂が舞い、水平視界が低下し、時速20〜35キロメートル、時折70キロメートルに達する速度で吹き荒れることがあります。アラビア湾とオマーン海の海の状況は、特に雲の活動がある場合には荒れる見込みです。

火曜日の天気予報

火曜日の天気は、時折曇りがちで、昼間には北部と東部地域で降雨の可能性があります。夜間と水曜日の朝には湿度が高くなり、一部の内陸地域や沿岸地域、特に西部地域で霧やもやの発生の可能性があります。

風は軽いから穏やかで、北東から南東に向かって吹き、時折雲の活動により新鮮になり、砂塵や砂が舞い、時速15〜25キロメートル、時折40キロメートルに達する速度で吹き荒れることが予想されています。アラビア湾とオマーン海の海は、朝早くは雲のため荒れる見込みですが、午後には穏やかからやや穏やかな状態になると予想されています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です