中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ビデオ:生存者の捜索が続く中、日本地震で少なくとも20人が死亡

サイトを見る

日本の西海岸での地震、被害の拡大が懸念される

日本の西海岸で発生した地震の被害の拡大が懸念されている。この地震は、月曜日の午後に発生し、少なくとも12人が死亡し、建物や主要道路が破壊され、凍えるような寒さの中で多くの家庭の電力が停止した。地震による津波の影響で、一部の沿岸地域の住民は高台に避難した。

被災地域には、陸上自衛隊、消防士、警察官など、全国から数千人の人員が派遣されているが、被災地に到達するのが困難な状況が続いている。被災地の道路はひどく損壊し、通行止めとなっており、空港の滑走路にも亀裂が入り、閉鎖されている。鉄道、フェリー、航空便も一部運休している。

日本の菅義偉首相は、火曜日の緊急災害会議で、「地震の被害者の捜索と救助は、時間との戦いだ」と述べた。被害の拡大が懸念されており、建物やインフラの広範な損壊が確認されている。

地震発生後、140回以上の余震が観測されており、日本気象庁は今後も強い揺れが起こる可能性があると警告している。

被災者の証言によると、地震の揺れは非常に激しく、建物が倒壊し、道路に亀裂が入るなどの被害が発生している。幸いなことに、多くの人々は無事であったが、被災地ではまだ多くの人々が救助を待っている。

日本政府は、97,000人以上の人々に避難を命じ、スポーツホールや学校の体育館などの避難所に避難させた。津波警報が解除された後、多くの人々が自宅に戻ったが、まだ約33,000世帯が停電しており、多くの地域で断水が発生している。

この地震は、福島での原子力発電所の事故を引き起こした2011年の地震と津波の後、日本の原子力産業にとって敏感な時期に発生した。日本の原子力規制庁は、日本海沿岸の原子力発電所で異常はないと発表している。

米国のジョー・バイデン大統領は、声明で日本に必要な支援を提供する用意があると述べた。日本との友好関係を強調し、日本の人々と共にあることを表明した。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です