中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ビデオ:ニューイヤーズイブの祝祭中にブルジュ・ハリファの住人であるという経験

サイトを見る

ドバイのブルジュ・ハリファに住む人々の新年の経験

毎年の大晦日には、ダウンタウン・ドバイ近くの数千人の祝福者と数百万人のオンライン視聴者が、ブルジュ・ハリファを照らす壮大な花火とレーザーショーを見守ります。しかし、世界最高のタワーの中で新年を迎えるという経験はどのようなものでしょうか?

ブルジュ・ハリファの住人であるミナ・ジェトゥ博士は、Khaleej Timesに対して、忘れられない祝祭の期待感、興奮、そしてその後の体験を直接語りました。

準備

大晦日に向けての数週間、ジェトゥ博士は細心の注意を払って準備が進められているのを目にしています。彼女は、ブルジュ・ハリファの側面に花火が巧みに設置される様子を見て、アクション映画のシーンを思い起こします。彼女のリビングルームの窓の外でこの準備が進む様子を見ることは、祝祭が近づくにつれての期待感と興奮を高めます。

花火の間

毎年、ブルジュ・パークでの祝祭に参加する前に、ジェトゥ博士は自宅でディナーパーティーを開催し、家族や友人と一緒に祝いを共有しています。メニューには、オランダの伝統的なドーナツデザート「オリーボーレン」を含む美味しい料理が並びます。イベントが始まる2時間前には、おやつと飲み物が詰まったピクニックバスケットを持ち、ブルジュ・パークに向かいます。

片付け

花火の終了後、清掃作業が始まり、入り口からのゴミの迅速な片付けが行われます。ショー終了後約15分後には、参加者はブルジュ・パークエリアから退出することができます。その後、ブルジュ・ハリファのスタッフが建物への再入場を容易にし、安全な帰還を確保するために厳重なセキュリティチェックを行います。

ミナ・ジェトゥ博士と彼女の仲間たちにとって、ブルジュ・ハリファでの大晦日の過ごし方は比類のない経験です。期待感と準備から息をのむような花火のディスプレイ、そして通常の状態に戻るまでの復元作業まで、彼らには忘れられない思い出とこの象徴的な建築の一部であることへの感謝の気持ちが残ります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です