中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ビデオ:デリーでフライト遅延を発表するパイロットに乗客が暴行、苦情が提出される

サイトを見る

インドゴ航空の乗客がパイロットを暴行

デリー発のゴア行きインドゴ航空の便で、乗客が機内で遅延のアナウンスをしていたパイロットを暴行しました。

この事件の映像がソーシャルメディアで拡散され、ユーザーからの激しい非難を浴びています。

航空会社の情報によると、乗客はFDTL規制による乗員交代の遅延のアナウンスをしていた午後1時頃、インドゴ航空6E-2175便のパイロット、アヌプ・クマール氏に暴行を加えました。

映像には、黄色のフーディーを着た乗客、サヒル・カタライア氏が怒りのあまりパイロットに突進し、暴行する様子が映っています。

この事件の映像がソーシャルメディアで拡散された後、航空保安機関が調査を開始しました。

一方、インドゴ航空は乗客に対して正式な苦情を提出し、事件の告訴手続きが進行中であると述べています。

デリー警察は事件に適切な措置を取ると約束しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です