中東の要約記事を毎分お届け配信中!

パレスチナ赤新月社によると、イスラエルのドローンが南ガザの病院を攻撃

サイトを見る

イスラエルがガザの病院に攻撃

パレスチナ赤新月社は、南ガザ地区の主要都市であるハーン・ユニスの病院に対するイスラエルの攻撃を非難しました。ガザでまだ営業しているわずかな医療施設が脅かされています。

赤新月社は、「イスラエルのドローンが市民を狙っている激しい銃撃により、アル・アマル病院および救助機関の拠点で避難民が負傷した」と述べました。イスラエル軍はこの報告を確認中です。

イスラエル軍がガザの病院に接近

同じ都市の近くで、イスラエルの戦車がガザで最大の機能する病院であるナッサー病院に接近しています。住民は西からの砲撃の音を聞いたと報告しています。南部でも激しい銃撃戦が報告されています。

ガザでの戦闘の犠牲者が増加

ガザの保健省によると、過去24時間で142人のパレスチナ人が死亡し、278人が負傷しました。これにより、ガザでの戦争の犠牲者は24,762人に上ります。

世界保健機関によると、ガザの36の病院のうち、ほとんどが機能停止しています。15の病院が一部機能しており、燃料や医療品が不足している状態で最大3倍の能力で運営されていると報告されています。

イスラエルの攻撃に対する非難

イスラエル当局は、ナッサー病院を含む病院からハマス戦闘員が活動していると非難していますが、スタッフはこれを否定しています。

ガザの避難民の増加

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)によると、ガザの人口の約75%にあたる170万人以上が避難しており、多くの人々が何度も移動を強いられています。

イスラエルの首相がパレスチナ国家の否定

イスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフが独立したパレスチナ国家を否定したことにより、外交問題が発生しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です