中東の要約記事を毎分お届け配信中!

パキスタン:イランの空爆で2人の子供が死亡、3人が負傷

サイトを見る

イランがパキスタンの領土に空爆を行い、2人の子供が死亡したとパキスタンが発表しました。イランはイラクとシリアで「反イランテロリストグループ」に対する攻撃を行った後、パキスタンとの国境付近で攻撃を行ったとされています。パキスタンはこの攻撃を「完全に受け入れられない」と非難し、挑発されていないと述べました。イランは公式なコメントを出していませんが、国営のNour News通信は、この攻撃がパキスタンのJaish al-Adl(正義の軍)の本部を破壊したと報じています。Jaish al-Adlはイランによってテロリストグループとして指定されており、近年、イラン国内で数回の攻撃を行っています。この攻撃は、イランがシリアとイラクのクルディスタン地域で「スパイの本部」と「テロリスト」の標的にミサイル攻撃を行った後に起きました。イランの攻撃は、中東全体で複数の危機に加わるものであり、イスラエルがガザでハマスとの戦争を展開し、プロパレスチナのフーシ派がイエメンで紅海の船舶を攻撃しています。パキスタンの公式声明は攻撃がどこで行われたかを明示していませんが、パキスタンのソーシャルメディアのアカウントによると、爆発はバロチスタン州のパンジュールで発生しました。パキスタンはイスラマバードでテヘランの最高外交官を招集し、「領空の無理な侵犯」に抗議しました。イランのNour News通信は、「数分前、いわゆるJaish-ul-Adlテロリストグループの重要な本部がパキスタンで標的にされました」と投稿しました。このグループは、12月にイランの警察署を襲撃し、少なくとも11人の警察官が死亡した事件を引き起こしたと主張しています。アメリカもJaish al-Adlをテロ組織として指定しており、「主にイランの治安部隊」だけでなく、政府関係者や市民に対しても暗殺、誘拐、自爆攻撃を行っているとしています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です