中東の要約記事を毎分お届け配信中!

バレンタインデーに米国が次の月のミッションを開始

サイトを見る

米国企業、2月14日に月への打ち上げを計画

NASAは、先月の失敗に続いて、米国企業が2月14日に月への打ち上げを計画していると発表しました。この新たな試みでは、ヒューストンに拠点を置くIntuitive Machinesが製造したランダーがSpaceXのロケットの上部に取り付けられます。一方、前回の試みでは、United Launch AllianceのロケットとAstroboticsのランダーが使用されました。

アメリカの民間企業による初の月面着陸を目指す

今回の試みでも、目標は高いままです。アポロ時代の終了以来、アメリカが月面にソフトランディングを達成するのは初めてであり、また民間企業による初の試みでもあります。

Intuitive MachinesのNova-Cランダーが月面に到着予定

SpaceXは、フロリダのケネディ宇宙センターから午前12時57分(GMT 0557)に打ち上げを予定しており、Intuitive MachinesのNova-Cランダーは2月22日に月面の南極近くのクレーターに着陸する予定です。

NASAがIntuitive Machinesに1億ドル以上の支払い

NASAは、ルナエコノミーを活性化し、定期的な貨物ミッションを民間セクターに委任するという広範な戦略の一環として、Intuitive Machinesに1億ドル以上の支払いを行いました。Nova-Cランダーのペイロードには、アルテミス計画に基づき、NASAが今後の10年に人間の乗組員を再び月に送る準備をするための月の環境をより良く理解するための機器が含まれています。

カラフルな貨物も搭載

また、Nova-Cランダーには、アーティストのジェフ・クーンズによる彫刻など、よりカラフルな貨物も搭載されています。

ソフトランディングを達成したのは5か国のみ

ソフトランディングを達成したのは、ソビエト連邦が最初であり、その後にアメリカが続きます。アメリカは今でも唯一、人間を月に送り込んだ国です。中国は過去10年間に3回、インドと最近では日本もソフトランディングを達成しました。

日本のランダーは横倒しになり、太陽電池パネルが傾いたまま

日本のランダーは1月20日に着陸しましたが、横倒しになり、太陽電池パネルが傾いたままになってしまいました。

月面着陸は困難な任務

月面着陸は、危険な地形と大気の欠如により、パラシュートは使用できず、宇宙船はスラスターを使用して制御された降下を行わなければなりません。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です