中東の要約記事を毎分お届け配信中!

バドミントンで世界2位になったドバイの女の子に会ってください

サイトを見る

17歳のドバイの少女、バドミントンで世界ランキング2位に

20年以上前にUAEに移住したオマール・カーンは、クリケットが彼の新しい人生への切符となりました。

インドで元ナショナルレベルのクリケット選手だったカーンは、左利きのオープニングバッツマン兼右腕のオフスピナーとしての多才なスキルを活かして、船舶業界で最初の仕事を得ました。

カーンは、UAEのAディビジョンクラブの試合でプレーするために雇われ、さらに「小さな」仕事も提供されました。

カーンは数年間ドバイでクリケットを続けましたが、仕事に完全に集中するためにスポーツを辞めました。

しかし、カーンはインドのナショナルレベルの選手権で9人の親戚が州代表チームでプレーしていたマディヤプラデシュ州のクリケット一家出身であり、彼の長女であるタービア・カーンがスポーツに興味を示したときは大喜びでした。

9歳の時に右打者としてのタービアの能力は、カーンに彼女を家族の新しいクリケットの旗手にすることを確信させました。

彼は彼女をドバイのICCクリケットアカデミーに連れて行き、最高のコーチのもとでトレーニングを受けさせました。

しかし、その後何か劇的なことが起こりました。

「タービアが母親(フィラー・カーン)が友達とバドミントンを楽しんでいるのを見て、彼女はそのスポーツに真剣な興味を示し始めました」とカーンは回想しています。

バットとボールのゲームから完全に注意が逸れ、彼女はラケットスポーツに魅了され始めました。

8年後、タービアはシャトラーとして魅力的な進歩を遂げました。

この17歳のドバイの少女は、現在BWF(バドミントンワールドフェデレーション)ジュニアワールドランキングのミックスダブルスで世界ランキング2位です。

10歳の時にバドミントンを始めたタービアは、ウガンダ、スペイン、キプロスで3つの連続国際タイトルを獲得しました。

「これらのトーナメントで勝つこと、世界ジュニアランキングで2位になることは本当に素晴らしい気分です」とこの若いシャトラーは言います。「最初からずっと頑張ってきた努力が報われたと思います。私はコーチや両親を誇りに思っていますので、とても幸せです。」

ドバイのインディアンアカデミースクールの12年生であるタービアは、バトルドアスポーツアカデミーのヘッドコーチであるアルファズ・カラムの監視下で、毎日7時間練習コートで過ごしています。

「多くの人々が私にインドにトレーニングのために移動するかどうか尋ねましたが、私はドバイでのトレーニングを好みます。ここの雰囲気はとても良く、コーチと施設も一流です」と彼女は言います。

昨年、UAEバドミントン連盟は、外国人が国際大会でUAEを代表することを許可しました。

これにより、タービアのような才能ある若い選手が昨年のドバイで開催されたアジアバドミントン選手権でUAEの色を身に着けることができました。

「UAEバドミントン連盟は私たちをとても助けてくれています。私たちはシニアアジア選手権に出場し、世界の一流選手たちと対戦する絶好の機会を得ました」と彼女は言います。「私はマレーシアのダブルスチーム、ティナー・ムラリタランとパーリー・タンと対戦しました。彼らは私のアイドルでした。テレビで彼らのプレーを見ていただけでしたが、コートで彼らと対戦するのは違った経験でした。」

タービアは、クリケット一家の父親を持つことが恵まれていると感じています。

「彼はアスリートの心理を理解しています。試合に負けた後に家に帰ってくると、彼は私を安心させてくれます」とタービアは言います。今年から彼女は徐々にシニアに移行する予定です。

「彼はいつも私を励ましてくれます。彼は『負けても、100%を尽くせば大丈夫だ』と言います。それが私にとっての勝利です。試合に負けた後、私は一層頑張る最大の動機を得ます。」

カーンの妹であるフメラ・カーンもUAEでクリケットをプレーしていたため、カーンの家族は最初は娘たちのバドミントンへの愛に満足していませんでした。

「私たちは大家族です。もちろん、非常に高いレベルでクリケットをプレーしてきた彼らは、娘たちに自分たちの足跡をたどってほしかったのです」とカーンは語ります。

「しかし、私は彼らと話し、娘たちが正しい選択をしたことを納得させました。幸いなことに、結果が出ています。」

カーンは今、2人の娘のバドミントンの夢に完全に投資しています。

「何年も休暇に行っていません。今は彼らのバドミントンの試合のために海外にしか旅行しません」と彼は言います。「彼らが夢を叶える最高のチャンスを与えたいのです。私は彼らがシニアで世界ランキング1位になるのを見たいと思っています。」

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です