中東の要約記事を毎分お届け配信中!

バイデン氏、イラン・パキスタンの衝突はイランが地域で好かれていないことを示していると述べる

サイトを見る

バイデン大統領、イランとパキスタンの衝突についてコメント

バイデン大統領は、木曜日にイランとパキスタンの衝突がイランが地域で好意的に受け入れられていないことを示していると述べ、エスカレーションを望んでいないと発言しました。

パキスタンは、イラン内部の分離主義者武装勢力に対する報復攻撃として、木曜日にイラン内部に攻撃を行いました。これは、イランが2日前にパキスタン領内の別のグループの拠点を攻撃したと発表した後の行動です。

米国は、イランがイエメンのフーシ派武装勢力を支援し、紅海で商船に対する攻撃を行っていることについて、イランとの意志の力比べに巻き込まれています。

バイデン大統領がノースカロライナ州に向かう際、ホワイトハウスの国家安全保障報道官ジョン・カービーは記者団に対し、ワシントンがイランとパキスタンの衝突を注視していると述べました。

カービーは、「南アジアと中央アジアでのエスカレーションは望んでいない。パキスタンと連絡を取っている」と述べました。

カービーは、パキスタンへの攻撃はイランの地域での不安定化行動の別の例であると述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です