中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ハーバード大学学長クローディン・ゲイ、盗作と反ユダヤ主義の論争の後に辞任

サイトを見る

ハーバード大学の学長が辞任

ハーバード大学の学長が、ガザに関する抗議活動中の反ユダヤ主義の対応や、学術研究での盗用疑惑に対する批判を受けて辞任しました。

クロディン・ゲイ学長は最近、学術的な引用を適切に行っていないという報道が出たことで非難を浴びました。最新の告発は、保守派のオンラインメディアで匿名で公開されました。

また、ゲイ学長は先月、MITとペンシルベニア大学の学長と共に議会で証言した際、ユダヤ人に対するジェノサイドの呼びかけがハーバードの行動規範に違反するかどうか明確に述べなかったことでスキャンダルに巻き込まれました。

ゲイ学長は、ケンブリッジの強力な大学で初めての黒人学長として歴史を作りましたが、辞任の理由として個人的な脅迫や「人種的な敵意」にさらされたと述べました。

ゲイ学長の失脚は、議会証言のパブリックリレーションズの失敗後、ハーバード大学の統治機関であるハーバード・コーポレーションが最初に彼女を支持した後に起こりました。

しかし、ハーバード・コーポレーションは、イスラエルが1,200人の死者と約240人の人質を出したと発表したハマスによる10月7日の攻撃に対する大学の初期対応を批判しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です