中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ハルバジャン、DPワールドの若者にキットを提供する取り組みを称賛

サイトを見る

ハルバジャン・シンが苦しんだ過去

ハルバジャン・シンは、インドの元オフスピナーであり、そのキャリアを通じて、史上最高のバッツマンたちを翻弄してきました。

しかし、国際クリケット選手になる前、ハルバジャンは子供の頃に愛したスポーツをするための装備すら持っていませんでした。

DPワールドのイニシアチブ

DPワールドの「Beyond Boundaries」イニシアチブによって、若手クリケット選手にキットが提供されることになりました。

この新しいイニシアチブでは、DPワールドがエンドツーエンドのネットワークとスマートな物流を活用し、次の5年間で50個の再利用可能なコンテナを提供し、それぞれにクリケットキットを詰め込んで世界中の草の根クリケットクラブを支援します。

ハルバジャンの感謝の気持ち

103試合で417ウィケットを取ったハルバジャンは、1990年代初頭の若手クリケット選手だった頃には、こんな機会を夢にも思っていませんでした。

ハルバジャンは、イベントで述べたところによれば、「私が成長していた頃、私には何もありませんでした。私にはインドのためにプレーする意志、カピル・デヴのような存在になる意志だけがありました。スポーツをするためにはキット、シューズ、必要なものがすべて必要です。しかし、これらは上手くプレーするときに手に入ります。誰かがスポンサーになってくれるでしょうし、どうにかしてキットを手に入れることができるでしょう」と述べています。

若手UAEクリケット選手への贈り物

このイニシアチブの一環として、ハルバジャンとDPワールドの関係者は、木曜日に若手UAEクリケット選手にキットを贈りました。ハルバジャンは、このイニシアチブがこれらの若者に大きな夢を抱かせることを願っています。

また、木曜日にDPワールド本社で開催されたイベントの司会を務めたクリケットコメンテーターのアラン・ウィルキンスは、このスポーツを草の根レベルで促進する新しいイニシアチブを称賛しました。

サチン・テンドルカールのアートワーク

これらのコンテナのうち10個は、アイコニックなサチン・テンドルカールのアートワークを特集し、「若いクリケット選手にインスピレーションを与える」とされています。

ウィルキンスによれば、「これらのコンテナには、バット、ヘルメット、グローブ、パッドを含む250個のクリケットキットが入っています。また、スコアボード、更衣室、展開式のクリケットピッチも備えた多目的コンテナです」とのことです。

DPワールドの追加の支援

DPワールドは、現在開催中のILT20で6本のヒットごとにキットを提供することも約束しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です