中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ニュージャージー州のモスク外で複数回撃たれたアメリカのイマームが死亡

サイトを見る

ニューヨークのモスク近くで射殺されたイマームが死亡

ニューヨーク近郊のモスクの外で水曜日に撃たれたイマームが死亡したと、州の検事が発表しました。検事は、この殺人事件は「偏見」や国内テロによるものではないと述べました。

検事によれば、ハッサン・シャリフさんは複数回撃たれ、その後病院に搬送されたが後に死亡したとのことです。

ニュージャージー州の検事マット・プラトキンは、「この犯罪の動機はまだわかっていませんが、これまでに収集された証拠は、これが偏見に基づく行為や国内テロの行為ではないことを示しています」と述べました。

また、プラトキンは「イスラエル・ハマス戦争の勃発以来、アメリカ全土でイスラム嫌悪や反ユダヤ主義的な攻撃が増加しています」と述べました。

イマームの射殺事件は、バイアス犯罪やテロとは関係ないようです。イマームの家族のために正義をもたらすために全力を尽くすと述べたテッド・スティーブンス検事は、この事件を「卑劣な犯罪」と呼びました。

イマームのシャリフさんは、2016年以来ニューアーク空港でセキュリティスクリーナーとして働いていたことが、アメリカ合衆国運輸保安局(TSA)によって確認されました。

ニュージャージー州のアメリカ・イスラム関係評議会(CAIR)の公開した画像には、マスジド・ムハンマド・ニューアークモスクの外に展開された警察車両が写っています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です