中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ-インド便:乗客が誤って国内ターミナルに連れて行かれる事故を未然に防止

サイトを見る

インドでのセキュリティ侵害の危機を回避

インドで大規模なセキュリティ侵害が間一髪で回避されました。ドバイ行きの便から降りた乗客が国内ターミナルに連れて行かれたのです。

月曜日、ムンバイ行きのエア・ヴィスタラの便に乗っていた一団が、航空会社によれば「誤って」税関と入国審査をバイパスして国内ターミナルに連れて行かれました。

「2月4日にドバイからムンバイへのヴィスタラ航空UK 202便に乗ってムンバイに到着したお客様のうち、一部が誤って国内到着ゲートに連れて行かれました」と、航空会社の広報担当者は声明で述べました。

機内にいたドバイ在住の人物は、この出来事は人為的なミスによるものだと述べました。「ムンバイに到着した際、エアブリッジの代わりに階段が提供されました」とVinay RS氏は述べました。「シャトルバスが3台配備され、そのうちの2台が国内到着ゲートに連れて行きました。」

彼は、乗客たちがターミナルに入ってから、手荷物受取所にいることに気付いたと述べました。「通常、入国審査後に手荷物を受け取ります」と彼は言いました。「乗客たちは何かミスがあったことに気付き、すぐに当局に通報しました。」

状況の修正

エラーがあったことに気付いた後、中央工業保安部隊(CISF)を含む関係者が修正を試みました。「エア・ヴィスタラとCISFのスタッフが、到着する搭乗券を確認し、バスを手配してみんなを国際到着ゲートに戻しました」とVinay氏は述べました。「そこで、みんなが入国審査を受け、その後手荷物受取所に進みました。」

エア・ヴィスタラは、チームがセキュリティ機関や関連当局と協力し、お客様が到着手続きを完了するための指定エリアに連れて行かれるようにしたと述べました。

「お客様にご迷惑をおかけしましたことを、誤って」と声明は述べています。「再発防止のために、当社の標準的な運用手順を見直し、さらに厳格化する予定です。」

別の航空会社を利用してこのルートを頻繁に利用するVinay氏によれば、今回のような事故は初めてだったとのことです。彼はこの状況に心配はしていないと述べました。「パニックになることはありませんでした」と彼は言いました。「ほとんどの人が間違ったゲートに到着したことを認識しており、航空会社のスタッフやセキュリティも迅速に解決しました。」

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です