中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:RTA、メトロ駅とビーチを結ぶ新しいバス路線を発表

サイトを見る

新しい週末バス路線W20がアル・マムザールビーチへの利便性を向上させるために開始されます

ドバイの道路交通局(RTA)は、2月9日金曜日から、特にアル・マムザールビーチへのバス利用者の利便性を向上させるために、新しい週末バス路線W20の運行を発表しました。

W20路線は金曜日から日曜日までの午後5時から午後11時まで、30分ごとに出発し、スタジアムメトロ駅とアル・マムザールビーチを結びます。

バス路線の改善

RTAは、バス利用者の利便性を向上させるために、いくつかの公共バス路線の最適化を行います。これにより、エミレート全域のさまざまな目的地への移動がスムーズで快適なものになります。

改善策には、ルート11Bをルート11に改名することが含まれています。さらに、ルート16Aと16Bは経路変更と改名が行われ、それぞれルート16と25になります。ルート16はアル・ラシディヤバスステーションからアル・アウィールへ向かい、ルート25はゴールドスークバスステーションからアル・ラシディヤへ向かいます。

その他にも、一部のバス路線にはさらなる改良が加えられます。ルートF62はドバイフェスティバルシティとアル・ガルフード地区を結ぶように延長されます。ルートC04はモハメド・ビン・ラシッド図書館まで延長されます。ルート103と106は、主要な駅からグローバルビレッジへの直行便を提供します。

ルートE303はアル・イッティハードストリート経由でシャルジャへの経路変更が行われます。同じ日から、ルート16A、16B、64Aは廃止されます。さらに、RTAの公共交通機関局は、以下の13つのバス路線(5、7、62、81、110、C04、C09、E306、E307A、F12、F15、F26、SH1)の所要時間を改善し、乗客の移動時間を短縮します。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です