中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:OpenAI共同創設者のサム・アルトマンがワールド・ガバメント・サミットのトップスピーカーに就任

サイトを見る

ドバイで開催される世界政府サミットには、300人以上の首相、国際機関のトップ、ビジネスリーダー、8人のノーベル賞受賞者が参加します。

このサミットは人工知能(AI)をテーマに、OpenAIの共同創設者であるサム・アルトマンやNvidia Corporationの社長であるジェンセン・ファンなどの著名な専門家が登壇します。また、サミットでは人工知能分野で最も影響力のある個人を表彰するTime 100 AIリストの年次集会も開催されます。

AIの重要性について、内閣府担当大臣であるモハメド・アル・ガルガウィ議長は、「AIは5年後には世界を変えることはないが、1,000年後には変えるでしょう。AIを通じて多くの問題を解決できる」と述べました。

知識プラットフォーム

アル・ガルガウィ議長は、「WGSは新しい革新的なアイデアの知識プラットフォームに発展しました。世界とその人々のために働くグローバルなマインドの集まりとして機能しています」と述べました。また、「今年のサミットでは、テクノロジーやエネルギー、金融、交通などの分野での民間セクターの未来の創造者の存在を目撃することになります。今年のサミットには8人のノーベル賞受賞者が参加し、23の閣僚会議も開催されます。サミットに参加する世界の指導者の名前は近日中に発表されます」とも述べました。

優れた貢献を表彰

WGSでは、政府の首脳、民間セクターのプレーヤー、イノベーターが将来に向けた優れた貢献を表彰します。これらの賞には、最優秀大臣賞、持続可能な開発のためのドバイ国際ベストプラクティス賞、政府のエッジ賞、最優秀政府アプリケーション賞、グローバル政府卓越賞が含まれます。

過去10年間、WGSは50人以上の大統領、2,500人の閣僚、1,550人のスピーカー、38,000人の参加者を迎えました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です