中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:荷物に薬物を持ち込んだ乗客、バッグに「忘れた」と主張

サイトを見る

ドバイ空港で麻薬所持の男性が逮捕される

ドバイ空港で麻薬を持っていた25歳の男性が、UAEの外で使用したものを忘れてバッグに入れていたと主張しました。当局は彼の旅行バッグからマリファナと麻薬の切断装置を押収しました。

男性は麻薬所持で有罪判決を受ける

ドバイの裁判所は、このヨーロッパ人男性を麻薬所持で有罪とし、1万ディルハムの罰金を科しました。軽犯罪裁判所は初めに彼の追放を命じましたが、男性は控訴しました。彼はUAEにいる正当な理由があり、前科がないことを強調しました。控訴裁判所は追放の判決を覆し、1万ディルハムの罰金を維持しました。

麻薬所持の容疑で逮捕された経緯

公訴庁の調査によると、容疑者はドバイ空港で停止されました。税関職員が彼の所持品のトリマーに疑いを抱いたためです。この装置は通常、マリファナの切断に使用されます。

押収された麻薬の確認と容疑者の供述

捜査官たちは捜索の結果、麻薬の特徴的な見た目をした10個のカプセル入りの薬箱を発見しました。科学捜査研究所はその物質を違法薬物と確認しました。

警察と公訴庁の尋問中、容疑者は告白し、彼は意図せずに物質をバッグに残してしまい、国に持ち込む意図はなかったと述べました。さらなる検査では、彼が麻薬物質の影響下にあったことが示されました。

裁判での容疑者の供述の撤回

しかし、裁判において容疑者は以前の供述を撤回し、容疑を否認しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です