中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:愛に満ちたバレンタインデーを独身の住民がどのように祝うのか

サイトを見る

「ガレンタインデー」

バレンタインデーは、恋人同士のための日として知られていますが、ドバイの活気あるシングルコミュニティもこの日を楽しみにしています。バレンタインデーは、あらゆる形の愛を祝う日として進化しています。

自然を楽しむ

シャルジャの28歳の住民であるヒシャムは、これまでパートナーと一緒にバレンタインデーを祝ったことはありません。彼は将来の妻と一緒に祝いたいと考えていますが、ヒシャムは友人と特別な機会を祝うためのユニークな方法を常に見つけています。今年は、彼と友人たちはアル・ルウェイヤの静かな砂漠でバーベキューを楽しみ、自然を満喫し、思い出を作る予定です。

ギフトの交換

ドバイの25歳のスーダン人のエキスパートであるリーム・ゴラシは、独身の女友達と一緒にバレンタインデーを祝うことを楽しみにしています。彼女たちはディナーに出かけたり、ボウリングをしたりする特別な夜を計画しています。この機会に、彼女たちは小さなギフトを交換する予定です。

意味のあるつながりを作る

ドバイに住むもう一人のイギリス人エキスパート、アラー・ムスタファは、バレンタインデーに独自のアプローチを持っています。彼女はそれをロマンスの精神に完全に没頭する機会と見なしています。彼女は「バレンタインデーは、ハートやピンクの装いで登場し、Bell Hooksの『All About Love』を4回読むための言い訳です」と語ります。しかし、アラーにとって、バレンタインデーは商業的な側面を超えて深い意味を持っています。

「私は家族や友人と過ごす予定です。これは人々が思っている以上に象徴的なことであり、私が最初に愛に生まれた場所です」とアラーは語ります。彼女は家族や友人との絆が、私たちの愛とロマンチックな関係に直接的な影響を与えると信じています。愛する人々とバレンタインデーを祝うことで、彼女はその意味のあるつながりを育み、自分の人生における愛の基盤を強化しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です