中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:住民が犯罪者や麻薬ディーラーを捕まえるのにどのように役立ったか

サイトを見る

ドバイ警察、国外からの情報を活用して麻薬取引を阻止

ドバイ警察は、国外からの情報を活用して麻薬取引を阻止し、複数の犯罪者を逮捕しました。ドバイ警察の麻薬対策部門のディレクターであるイード・モハメッド・ターニ・ハレブ少将は、木曜日のPolice Eyeの会議で「貴重な情報(国外から)により、複数の麻薬ディーラーを逮捕し、彼らのネットワークを解体することができました」と述べました。

Police Eyeサービス、5年間で10万8100件の情報を受け取る

ドバイ警察のPolice Eyeサービスは、過去5年間に10万8100件の情報を受け取りました。この中には、交通、子供や女性の保護、人身売買に関する報告などが含まれています。そのうち61287件は犯罪報告であり、46813件は交通関連の報告です。これは、地域の安全、セキュリティ、法令遵守の促進におけるコミュニティの積極的な役割を示しています。

ドバイの住民からの報告が増加

ドバイの住民からの報告は年々増加しており、セキュリティ意識の向上と警察とコミュニティの強い絆を反映しています。

Police Eyeアプリケーションの役割

ドバイ警察の交通総局長であるサイフ・ムハイル・アル・マズルイ少将は、Police Eyeアプリケーションの役割について言及しました。彼は、「危険な運転が行われている地域に関する観察報告を受け取っています。また、家族向けのレクリエーション施設で若者による破壊行為があったケースもあります。そのような場合には、市役所の介入が必要となります」と述べました。

ドバイ警察Eyeアプリケーションの利便性

ドバイ警察は、ドバイ警察Eyeアプリケーションの使いやすさにも言及しました。アプリケーションの使用中に個人データを入力する必要はなく、住民や市民が事件を報告したりメモを送信したりする際に完全な機密性が保証されています。

ドバイ警察への信頼の向上

年々統計が増加していることは、人々の意識の向上とドバイ警察への信頼の高まりを示しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です