中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:タクシー料金の変更、Nolカードのチャージ方法、新しい駐車会社の説明

サイトを見る

ダイナミック料金が導入され、タクシーの料金が変動する

ドバイの公共交通システムには、いくつかの変更が導入されています。メトロ駅での最低Nolカードのチャージ額が引き上げられ、公共駐車場の運営を担当する新しい会社が発表されました。また、ドバイモールでの駐車は、トールゲートオペレーターのSalikが導入するバリアフリーシステムを使用して有料化される予定です。

タクシーの初乗り料金が一部地域で引き上げられる

タクシーの初乗り料金(タクシーの旅行開始時に発生する初期料金)は、一部の地域でDh12からDh20に引き上げられました。ただし、この料金の引き上げは、主要なイベントの日、展示会、国際会議などにのみ適用されます。

ダイナミックプライシングによる料金変動

タクシーの料金は需要に応じて変動します。需要が高まるラッシュアワーには、時間と燃料(または電気自動車の場合は電力)を補償するために料金が上がります。ただし、料金の引き上げは一時的なもので、需要が少ない昼間は料金が安くなります。

Nolカードの最低チャージ額が引き上げられる

現在、Nolカードの最低チャージ額はDh5ですが、1月15日からメトロ駅の切符売り場での最低チャージ額はDh20に引き上げられます。ただし、オンライン、切符販売機、アプリ、メトロ駅外のキオスクでカードをチャージする場合は、この制限は適用されません。

新しい駐車会社の設立とドバイモールでの有料駐車

ドバイでは、公共および私設の駐車場を運営する新しい会社「Parkin」が設立されました。また、ドバイモールでの駐車は、トールゲートオペレーターのSalikが導入するバリアフリーシステムを使用して有料化されます。

以上が、ドバイの公共交通システムに関する最新の変更点です。詳細な情報は元の記事をご覧ください。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です