中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:スマートトレイン、レールバスプロジェクトが近々始動するかもしれません

サイトを見る

ドバイ、新たな交通システムの導入を検討

ドバイは、軽量の無人運転スマートトレインと太陽光発電の鉄道バスシステムの2つの革新的な交通手段を、大量輸送ネットワークに追加するために検討しています。

ドバイ道路・交通局(RTA)は、木曜日にドバイ国際プロジェクトマネジメントフォーラム(DIPMF)で国際企業との2つの覚書(MoU)に署名しました。

無人運転ポッド

UKのUrban.Massとの最初のMoUでは、Floc Duo Railシステムの開発が行われます。このシステムは、高架トラック上を走る無人運転の電動ポッドで構成されており、地盤工事や高額なトンネル、大規模な駅は必要ありません。

このシステムは、従来の交通システムや新しい道路よりも迅速に設置できます。軽量なインフラストラクチャーは、軽量鉄道よりもはるかに少ないコンクリートと鉄鋼を消費します。太陽光パネルは運転に必要なエネルギーの大部分を供給します。そして、無人運転のFloc Duo Railトレインは需要に応じて容量を調整し、不必要なエネルギー消費を減らします。

このシステムは、小規模な地域や近隣から都市全体のネットワークにスケールアップすることができます。

より環境に優しい未来へ

米国のRail Bus Inc.との2番目のMoUは、小型の無人運転電動車両を使用する太陽光発電の鉄道バスシステムの開発です。このシステムも高架トラック上を走ります。

このシステムは、環境に優しく、運用効率の良い交通手段を提供するため、さまざまな環境に適応することができます。

軽量で柔軟な性質により、トラックのインフラストラクチャーのコストを大幅に削減することができます。同じ長さと容量を持つメトロシステムのコストの20%以下になります。

RTAとのパートナーシップは、ドバイの独自のニーズに合わせた持続可能なモビリティの新たな基準を設定することを目指しており、より環境に優しい未来への飛躍を意味しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です