中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:サリク違反を受けた?罰金を争う2つの方法と払い戻しを手に入れる方法

サイトを見る

サリクの罰金を異議申し立てる方法と注意点

サリクの罰金を受けたことがあり、罰金の異議申し立てや返金額の調査をしたい場合、簡単な手続きが用意されています。

サリクのウェブサイトを通じて罰金を異議申し立てることができます。コールセンターエージェントが手続きの詳細を確認しました。

RTAのコールセンターには、フリーダイヤル番号80072545で連絡することができます。顧客サービスエージェントがリクエストを処理し、異議を申し立てると、モータリストは異議申し立ての参照番号を受け取ります。

サリクのウェブサイトと同様の手続きが行われ、その後、関係部署にリクエストが転送され、15日間の調査が行われます。その後、顧客は最終的なステータスをSMSで受け取ります。承認または拒否のいずれかです。

注意点

違反の種類について

モータリストがナンバープレートを登録せず、通行料金のトリップから10営業日以内に登録しなかった場合に適用される罰金です。罰金は日を追うごとに加算されます。

顧客がゲートを通過した場合、初日には100ディルハムの罰金が課せられます。

2日目には200ディルハムの罰金が課せられます。

3日目には400ディルハムの罰金が課せられます。3回目の違反後、モータリストにはさらなる違反に対して400ディルハムの料金が課せられます。

サリク口座に十分な資金がない状態でモータリストが通過した場合に適用される罰金です。トリップから5日後に罰金が適用されます。

(ウェブサイトにはDubai Drive AppとDubai Now Appの2つの方法がリストされていますが、エージェントによると現在は罰金の異議申し立てには使用できないとのことです。掲載時点では、RTAアプリもこのサービスを提供していないようです。)

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です