中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ:エミレーツ航空、5,000人の客室乗務員を採用へ;適格基準が明らかにされる

サイトを見る

エミレーツ航空、2024年に5,000人の客室乗務員を採用予定

ドバイを拠点とするエミレーツ航空は、2024年に5,000人の客室乗務員を採用する予定です。エミレーツ航空は、今年中に待望のA350を受領し、2025年からはボーイング777-Xを受領する予定です。同航空会社はA350を65機、777-9と777-8を合わせて205機発注しています。

採用条件

エミレーツ航空の客室乗務員になるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 新卒者、インターンシップやアルバイトの経験がある者
  2. 1年以上のホスピタリティやカスタマーサービスの経験がある者

採用活動

エミレーツ航空の採用チームは、6大陸の460以上の都市でオープンデイやアセスメントを開催します。2023年には、エミレーツ航空は8,000人の客室乗務員を採用し、パンデミック後のサービス拡大に伴い、353の都市で採用イベントを開催しました。2023年8月には、航空会社の客室乗務員数が20,000人を超え、現在は21,500人になっています。

客室乗務員の生活

エミレーツ航空の客室乗務員は、競争力のある非課税の給与と飛行手当、利益分配の対象、ホテル滞在と滞在費用、特別価格の旅行と貨物輸送、年次休暇と年次休暇の航空券、家具付きの宿泊施設、通勤交通手段、優れた医療、生命、歯科保険、ランドリーサービスなどの福利厚生を享受することができます。友人や家族も割引価格で航空券を利用できます。

客室乗務員のコミュニティ

エミレーツ航空の多文化な客室乗務員チームは、140以上の国籍を持ち、130以上の言語を話します。

客室乗務員は、キャリアの進展として、より上位の客室クラスへの昇進、キャビンスーパーバイザーやパーサー、トレーナーへの昇進が可能です。エミレーツ航空には、厳しいトレーニングと評価を成功裏に終えた1,180人のパーサーがいます。また、乗務員はエミレーツグループ内の内部募集に応募する機会もあります。

トレーニングとライフスキル

新しい客室乗務員は、8週間の集中的なトレーニングを受けます。エミレーツ航空の最新設備が整ったドバイの施設で訓練を受け、コミュニケーション能力、主体性、リーダーシップの資質など、応用可能なスキルを身につけます。彼らは多文化なチームで効果的に働く能力を開発し、プレッシャーの下でも精神的に強く冷静に対応する力を身につけ、ホスピタリティと優れたサービスの担い手、象徴的なブランドのアンバサダーとなります。客室乗務員は、最新のトレーニングプログラムやLinkedInのコースにもアクセスできます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です