中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイ市民防衛局、世界初のモバイル浮遊消防署を開設

サイトを見る

ドバイ市民防災が世界初の持続可能な浮動式消防署を開設

ドバイ市民防災は、安全インフラとイノベーションのリーダーシップを強化する重要な取り組みとして、世界初の持続可能な浮動式消防署を開設しました。この取り組みは、ドバイの消防および救助サービスの向上と環境の持続可能性の向上を目指すドバイの戦略を反映しています。

新しい浮動式消防署は、海洋活動の保護と迅速な対応時間の向上を提供するために設計され、ドバイの海洋緊急事態対応メカニズムを変革することになります。世界で初めて持続可能で環境に優しい浮動構造物であり、従来の海洋消防署に比べてコスト効率が70%向上しています。

ドバイ市民防災のラシッド・ターニ・アル・マトルーシ中将は、「浮動式消防署の展開は、安全とセキュリティのグローバルリーダーシップを達成するための私たちの旅において重要な一歩です。この署の開設は、革新的な安全ソリューションの創出に対する私たちの献身を示すだけでなく、ドバイのインフラとサービスの向上に貢献するという私たちの取り組みとも一致しています。この施設は、私たちの海洋消防能力を大幅に向上させ、海上事故への対応時間をわずか4分に短縮することで、ドバイを海洋事故への対応時間を短縮する分野での先駆者にします」と述べました。

浮動式消防署の開設により、ドバイの海上航行と水路の安全指数も向上し、革新的なスマートソリューションの活用が行われます。この署の戦略的な展開により、ドバイの海洋および航行地域全体に包括的なカバレッジが確保され、ドバイの海上事故への対応能力が大幅に向上するとのことです。

持続可能性をコアに据えた設計であるこの署は、ドバイの環境保護への取り組みと安全性と効率の最高水準を体現しています。16人を収容する能力を持つこの建物は、エコフレンドリーなデザインで特筆されます。浮動式の構造により、専用の陸地スペースが不要となり、コスト削減と炭素排出量の削減、緑地の保護に大きく貢献します。また、この浮動式建物は時速11マイルの速度で移動することができます。

ドバイは海上貿易と観光の主要拠点として成長し続ける中、浮動式消防署はドバイのリーダーシップが安全性の革新と卓越性を推進することの高い優先順位を示しています。ドバイ市民防災は革新的なソリューションと最新の技術の実装を通じて、世界クラスの消防および救助サービスを提供し続け、ドバイが安全とセキュリティのグローバルリーダーになるビジョンに貢献しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です