中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイビザ:子供が移民局と対話するための新しいコールセンター

サイトを見る

ドバイのGDRFAが子供向けの通話サービスを開始

ドバイのGDRFA(在留外国人管理局)は、子供たちが移民関係のオフィシャルと対話できるオプションを、コールセンターサービスメニューに追加しました。このサービスは、7歳から12歳の子供たちがビザやパスポートの更新、旅行手続きに関する質問をすることができます。また、子供たちはドバイ市内の観光地や一人での旅行についても質問することができます。

GDRFAの顧客福祉部門の責任者であるKhalil I. Mohamed中佐は、「子供たちとの対話は、彼らのアイデアを得るのにも役立ちます。さらなるサービスの改善策を見つけることができるでしょう。」と述べています。彼は、子供向けのホットラインは、ドバイ国際空港(DXB)のすべてのターミナルに設置された専用の子供用パスポートコントロールカウンターの派生であると説明しています。

24時間365日のコールセンターサービス

この特別な通話サービスは、UAE内外の両方で利用可能です。子供たちは、UAE内にいる場合は同じ無料のAmerコールセンター(8005111)に、国外にいる場合は+971 4 313-9999に電話することができます。

GDRFAの担当者は、子供たちとの通話を担当するすべてのGDRFAのスタッフが対話できる能力を持っていると保証しています。彼は、「私たちは子供たちが私たちと対話することを招待するために、歓迎的で愉快で美しい声のプロンプトを使用しています。」と述べています。英語を選択した場合はメニュー番号3、アラビア語を選択した場合はメニュー番号4です。

また、GDRFAの別の担当者は、この特別なサービスは子供たちが移民関係のオフィシャルと対話するためのものであり、「親が子供のビザの状況についてGDRFAに電話するためのものではない」と明確に述べています。

一方、GDRFAは2023年において、2022年と比較して約24万件のオンライン取引(通話を含む)の増加を記録しました。昨年のGDRFAによるオンラインエンゲージメントの総数は1613798件であり、前年の1375610件と比較して増加しています。GDRFAは、より便利なビデオ通話やバーチャルAmerサービスを利用する居住者や訪問者が増えていると述べています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です