中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイデューティフリーテニス選手権に世界トップ10選手が出場確定

サイトを見る

全世界トップ10の女子選手がドバイに集結

来月、ドバイ・デューティフリー・テニス選手権には、世界ランキング1位のイガ・シュファイテクと2位のアリナ・サバレンカを含む、世界トップ10の女子選手が全員参加する予定です。

シュファイテクは、オーストラリアオープンでティーンエイジャーのリンダ・ノスコバに衝撃的な敗北を喫しましたが、昨年ドバイでバーバラ・クレイチコバ(世界ランキング11位)に敗れた決勝の雪辱を果たすことを目指します。

チェコのスター、クレイチコバは、WTAツアートーナメントの第24回大会でタイトルを守るためにエミレーツに戻ります。この大会は最近、永久的なWTA 1000のステータスを授与されました。

世界ランキング4位で全米オープンチャンピオンのココ・ゴフも、オーストラリアオープンの準決勝でサバレンカに敗れた後、ドバイでも注目の選手の一人となります。

「ドバイで世界トップの女子選手が多数参加してくれることを非常に喜んでいます」と、ドバイ・デューティフリーのエグゼクティブバイスチェアマン兼CEOのコルム・マクローリンは述べています。「これは私たちのWTA1000イベントの重要性と、それがどれほど尊敬されているかを示しています。来月、世界ランキング20位の選手のうち18人がここで競い合うことは、この大会がどれほど人気があるかを物語っています。私たちはもう一つのエキサイティングなWTAトーナメントを楽しみにしています。」

女子トーナメントには、2023年全豪オープンのファイナリストで2022年ウィンブルドンチャンピオンのエレナ・リバキナ(世界ランキング3位)、アメリカのエースジェシカ・ペグラ(世界ランキング5位)、歴史的なアラブのスーパースターオンス・ジャベール(世界ランキング6位)、現在のウィンブルドンチャンピオンマルケタ・ボンドロウソバ(世界ランキング7位)、2度のグランドスラム準決勝進出者マリア・サッカリ(世界ランキング8位)、2023年全仏オープンのファイナリストカロリナ・ムチョバ(世界ランキング9位)、元全仏オープン優勝者イェレナ・オスタペンコ(世界ランキング10位)も出場が確定しています。

「ドバイで再び世界トップの女子選手が多数参加してくれることは素晴らしいです。この大会は毎年重要性を増しており、最近は永久的なWTA 1000のステータスを授与されたことでさらに強調されています」と、トーナメントディレクターのサラ・タラクは述べています。

2024年ドバイ・デューティフリー・テニス選手権の女子トーナメントは、男子大会の第32回大会に続きます。

女子トーナメントは2月18日から24日まで開催され、ATPツアー500トーナメントは2月26日から3月2日まで行われます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です