中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイタクシー、障害者向け新サービスを発表、50%割引

サイトを見る

ドバイタクシー会社、障害者向けの新サービスを導入

ドバイタクシー会社(DTC)は、障害を持つ人々の利便性を向上させるための新しいサービスを導入しました。このイニシアチブにより、特に非モーター障害を持つ人々が、DTCアプリを通じて通常のタクシーを予約することができます。これにより、車椅子利用者向けの専用タクシーを必要としない人々にも選択肢が提供されます。

利用者は、障害者向けの専用サービスと同じ50%の割引を利用することができます。このシステムは、ドバイの障害者向けのSanadカードを保持している人々が、このサービスを効率的かつ電子的に利用できるように設計されています。

革新的な積極的なサービス

ドバイタクシー会社のアブドゥラ・イブラヒム・アル・ミール代表取締役は、新しいサービスの導入は同社がサービスを常に向上させ、スマートで積極的なサービスの革新的なモデルを提供するという取り組みを反映していると強調しました。アル・ミールは、「特に障害を持つ人々の顧客満足度を向上させることを期待しています」と述べました。

「DTCは常に最高のグローバル基準に準拠して、障害を持つ人々のニーズに合わせたサービスを提供することを目指してきました。これからも、彼らに一流の交通サービスを提供し、ドバイが障害を持つ人々に対して包括的な都市としての評判に大きく貢献するために、引き続き努力していきます」と彼はさらに述べました。

アル・ミールは、DTCの障害者向け車両への需要が増えていることを指摘しました。そのため、このデジタルサービスの導入は、現代的で効率的な手法を活用して、このグループの交通サービスの提供を拡大し効率化するための同社の取り組みの一環です。このサービスにより、居住者、訪問者、観光客を含む障害を持つ人々が、通常のタクシーサービスに便利かつ迅速にアクセスでき、彼らの移動性がさらに向上します。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です