中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイの新しいサリクゲート:住民が公共交通機関と車の所有コストを比較

サイトを見る

ドバイの新しいサリクゲートにより、住民は交通費を見直し、選択肢を評価しています。

ドバイの公共交通機関は、車の運転に比べて交通渋滞や駐車場の問題がなく、費用も抑えられるため、便利で時間の節約になります。

最近のKTの調査によると、2500人以上の人々のうち68%が、新しいサリクゲートの発表を受けて公共交通機関への乗り換えを検討していると答えました。残りの人々は、車を所有することを選択しました。

Khaleej Timesは、車を所有する人々と公共交通機関を利用する人々に話を聞き、彼らの選択、月間の支出、利便性について理解しました。個人で生活している2人、カップル2組、家族2組の6つのケーススタディをまとめました。

Noel Pselis

レバノン出身のNoel Pselisは、車に毎月平均1800ディルハムを費やしています。彼によると、そのうちの大部分はメンテナンス、保険、ガソリンにかかる費用です。新しいサリクゲートが導入されることで、さらに費用が増えると予想しています。

Noelは車を公共交通機関と交換するつもりはありません。彼にとって車は自由を与えてくれるものであり、その自由のために費用をかける覚悟があると述べています。

Mazza

スーダン出身のMazzaは、10か月前にUAEに到着して以来、完全に公共交通機関に頼っています。彼女は月額パスを利用しており、目的地に応じて異なるパスを選んでいます。彼女は公共交通機関を積極的に利用し、タクシーを避けるようにしています。

Mazzaは不動産業者として頻繁に移動する必要がありますが、会社の車を利用しています。個人的な移動には公共交通機関を利用し、交通費として最大で350ディルハムを費やしています。

Aaron Illathu

アメリカ出身のAaronは、車に月に約650ディルハムを費やしています。彼は公共交通機関を通勤に利用していますが、妻は車を利用しています。彼は便利さのために車を手放すつもりはありません。

Errol Gonsalves

インド出身のErrol Gonsalvesは、交通費として月に約1000ディルハムを費やしています。彼は金のクラスのメトロを利用して通勤し、タクシーを利用して近場の場所に移動しています。

Sarah Tiry

南アフリカ出身のSarah Tiryと彼女の夫は、家庭に2台の車を所有しています。Sarahは車に月に約1200ディルハムを費やしていますが、公共交通機関がもっと利用しやすければ乗り換えるつもりです。

Nisha Srijith

インド人の夫婦であるNishaとSrijithは、メトロを通勤に利用しています。彼らはメトロとタクシーに月に600〜800ディルハムを費やしています。彼らは車を購入する予定はありません。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です