中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ドバイのイノベーション・アーリーラーニングセンターにおけるカリキュラム全体の持続可能性

サイトを見る

イデア・アーリーラーニングセンター、持続可能性カリキュラムを導入

ドバイのビクトリーハイツにあるイデア・アーリーラーニングセンターは、保育園児を対象にした革新的な持続可能性カリキュラムの導入を発表しました。このセンターは、幼少期から環境意識を育むことを目指し、持続可能性の原則を幼児期のカリキュラムに統合した画期的なプログラムを導入しています。

環境保護への理解と感謝を育む

このカリキュラムは、若い学習者の間で環境保護に対する深い理解と感謝を育むように慎重に作り上げられています。実践的な活動、魅力的な授業、インタラクティブな体験を通じて、イデア・アーリーラーニングセンターの子どもたちは、自然の驚異を探求し、保全の重要性を理解し、地球に積極的に貢献する実践的な方法を学ぶ旅に出ます。

持続可能性カリキュラムの概要

イデア・アーリーラーニングセンターのクレア・ウォーカー所長は、「早期教育が環境意識のある個人を形成する上で重要な役割を果たすと考えています。持続可能性カリキュラムは、環境の管理者になるための実践的な経験を提供することで、従来の学習を超えています。」と述べています。

カリキュラムの要素

  1. 自然に基づく学習:自然との直接的なつながりを促す屋外活動により、環境への責任感を育みます。
  2. 実践的なプロジェクト:再生可能エネルギー、リサイクル、堆肥化、ガーデニングなどを探求するインタラクティブなプロジェクトにより、持続可能な実践に対する深い理解を育みます。
  3. コミュニティ参加:コミュニティ内での協力的な取り組みにより、持続可能な行動の広範な影響を理解し、積極的な参加を促します。

持続可能性への取り組み

イデア・アーリーラーニングセンターの持続可能性への取り組みは、環境意識の世界的な動きと一致しています。この原則をカリキュラムに統合することで、センターは地球に積極的な影響を与える環境意識の高い子どもたちを育成することを目指しています。

読書とリテラシーの重要性

イデア・アーリーラーニングセンターは、子どもの発達における読書の基本的な役割を認識し、読書に焦点を当てたカリキュラムを細心の注意を払って設計しています。このプログラムは、革新的で魅力的な方法を用いて子どもたちを文学の魅力的な世界に没入させ、認知能力を向上させ、言語芸術の強固な基盤を育みます。

読書とリテラシーへの取り組み

イデア・アーリーラーニングセンターの読書とリテラシーへの重点は、早期に本に触れることの重要性を強調した研究と一致しています。読書の喜びを祝う支援的な環境を育むことで、センターは自信を持ち、熱心な読者になる子どもたちを力づけることを目指しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です