中東の要約記事を毎分お届け配信中!

デンマークのマルグレーテ2世女王、即位52年後に退位へ

サイトを見る

デンマークの女王マルグレーテ2世が退位を発表

デンマークの女王マルグレーテ2世は、52年間の在位の後、来年1月14日に退位し、長男のフレデリク皇太子が後継者となることを、年始のスピーチで発表しました。

マルグレーテ2世は1972年に即位し、イギリスのエリザベス2世女王の死後、ヨーロッパで最も在位期間の長い君主となりました。

手術を受けたことをきっかけに、将来について考えるようになったと述べたマルグレーテ2世は、「今が適切な時だと決めました。2024年1月14日、私はデンマークの女王の座を退きます。愛する父の後を継いで52年間、私は女王として君臨しました」と述べました。

デンマークでは、形式的な権力は選挙で選ばれた議会と政府にあります。君主は党派的な政治から距離を置き、国家を代表する伝統的な任務を果たすことが期待されています。

マルグレーテ2世は1940年に生まれ、彼女の機転の利いた創造的な人格に対してデンマークの人々から広範な支持を受けています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です