中東の要約記事を毎分お届け配信中!

デリー、寒波に襲われる:濃霧が都市を覆い、フライトや列車が遅延

サイトを見る

デリーで寒波が続く

デリーでは、気温が一桁にまで下がる寒波が続いています。この寒波により、多くのフライトや列車が遅延しています。

デリーの視界が悪化

インド気象庁(IMD)によると、デリーでは視界が急速に悪化しました。2時には400メートルだった視界が、2時30分にはわずか100メートルにまで低下し、3時には完全に見えなくなりました。日曜日の朝の最低気温は8.5度でした。

北インドの広範囲に濃霧

IMDの別のツイートによると、「厚い霧が北インドの平野部、パンジャブからビハール、ハリヤナ、デリー、ウッタル・プラデーシュ、北西ラージャスタン、北マディヤ・プラデーシュに広がっています」と報告されました。さらに、「デリー、北ハリヤナ、西ウッタル・プラデーシュ、西マディヤ・プラデーシュの一部には濃霧が広がっています」と発表されました。

列車とフライトに遅延

デリーに到着するほぼ11本の列車が霧のために遅延しました。北部鉄道は、アムリトサル-ナンデッド・エクスプレス、プリ-ニューデリー・プルショッタム・エクスプレス、アンベドカルナガル-カトラ、マニクプル-ニザムッディン・エクスプレスなど、約11本の列車が遅れていることを確認しました。

デリー空港でも遅延が発生

デリー空港でも、フライトが大幅に遅延したり、キャンセルされたりする事態が発生しました。乗客のNeha Beniwalさんは、「バーレーンからの私のフライトは4時45分に着陸する予定でしたが、1時間遅れて5時35分に到着しました」と語りました。

悪化する天候と予測

空港当局は、最新のフライト情報については各航空会社に連絡するよう乗客に勧告しています。IMDは、1月22日に「非常に濃霧」が予想され、濃霧が1月27日まで続くと警告しています。

寒さの中、住民は暖を求めて集まる

寒さの中、住民たちは暖かい焚き火の周りに集まり、その温かさに癒されています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です