中東の要約記事を毎分お届け配信中!

テスラ、リアビューグリッチ修正のために米国で20万台の車両をリコール

サイトを見る

テスラ、米国で約20万台の車両をリコール

米国の国家道路交通安全局(NHTSA)によると、テスラはソフトウェアの不具合により、バック時の運転手の視界を妨げる可能性があるため、米国で約20万台のModel S、X、Yの車両をリコールすると発表しました。

前回のリコールからわずか2か月での発表

この発表は、同社が米国でほぼすべての車両をリコールし、Autopilotの新しい安全装置を取り付けるために行ったリコールからわずか2か月後のものです。

リコールの影響と対応策

ソフトウェアの不安定性によるリアビューの不具合は、運転手の視界を低下させ、事故のリスクを高める可能性があります。リコールは2023年のS、Y、Xモデルに影響を与えます。オーナーには3月22日から手紙で通知されます。

事故や負傷、死亡事故の報告はなし

テスラは、この問題に関連する事故、負傷、死亡事故の報告はないと述べています。NHTSAによると、テスラはこの問題に対処するために無料のOTAソフトウェアアップデートを提供しています。2022年1月22日時点で、テスラはリアビューの状態に関連すると思われる81件の保証請求を特定しています。

NHTSAの調査

NHTSAは2021年8月にAutopilotに関する調査を開始し、テスラ車が停止中の緊急車両に衝突したという数件の事故を特定しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です