中東の要約記事を毎分お届け配信中!

テストマッチの最後に先発オープナーのデビッド・ワーナーがワンデイクリケットから引退

サイトを見る

デビッド・ワーナーが引退を発表

デビッド・ワーナーは、パキスタンとの最後のテスト戦に先立ち、月曜日にワンデイ・インターナショナル・クリケットから引退することを発表しました。しかし、2025年のチャンピオンズ・トロフィーに必要な場合はプレーする可能性を残しています。

37歳のワーナーは、今週112試合目で最後のテストに出場し、平均44.58で8,695ランを獲得し、26回のセンチュリーと36回のハーフセンチュリーを記録しています。

シドニー・クリケット・グラウンドでの記者会見で、彼はODIからも引退することを発表しました。

「家族に還元しなければならないし、それに加えて、私はワンデイ・クリケットからも引退するつもりです」と彼は言いました。

「それは私がワールドカップを通じて言っていたことで、それを通過し、インドで優勝することは非常に大きな成果だと思います。だから、私は今日その決断を下すことにします。それによって、私は世界中の他の(T20)リーグでプレーすることができ、ワンデイチームを少し前進させることができます」と彼は付け加えました。

「チャンピオンズ・トロフィーは2017年以来行われていませんが、2025年にパキスタンで復活する予定です。伝統的には50オーバーのクリケットでしたが、報道によるとT20に変更する動きが進んでいます」と報じられています。

ワーナーは、ワンデイクリケットで161試合に出場し、平均45.30で6,932ランを獲得した後、ワンデイクリケットから引退します。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です