中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ダマックCEOによると、ドバイの不動産価格は今年5〜10%上昇する可能性がある

サイトを見る

ドバイの不動産市場、今年は5〜10%の価格上昇が見込まれる

ドバイの最大手開発業者であるDamac Propertiesのトップは、ドバイの不動産市場は今年5〜10%の価格上昇が見込まれると述べ、今後2年間には修正がないと予想していないと述べました。

「市場はまだ強いです。強さは続くと思います」とHussain Sajwani氏はダボスでの世界経済フォーラムの合間にロイターに語りました。

「以前と同じような価格の上昇は見られないかもしれませんが、2024年には5〜10%の上昇が見られるかもしれません」と彼は述べました。

ドバイの不動産市場の修正について心配しているか尋ねられた際、Sajwani氏は「今後2年間は心配していません」と述べました。ドバイの不動産市場は、迅速なパンデミック後の経済回復と緩和された居住権の規則により、急成長しました。

Damacは成長計画を進めており、高級およびラグジュアリーセグメントで最大の成長を見込んでいます。

2022年にCovid-19パンデミック後、Damacはドバイの株式市場から上場廃止となりました。

パンデミックの低迷後、ロシア・ウクライナ戦争や金融、法律などの専門家を含む富裕層が移住することで、不動産市場は活況を呈しました。

ドバイ以外では、Damacはイギリスとマイアミに投資をしており、Sajwani氏はマイアミでの業績が良好であると述べました。

また、サウジ市場にも潜在的な可能性を見出しており、機会を探っていると述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です