中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ソーシャルネットワークの古参、Facebookが20歳になる

サイトを見る

Facebook、20年の歴史を振り返る

Facebookは、20年前に若者のためのシンプルな交流の場として登場しましたが、現在では注意を引くことに飢えた強力な存在となっています。

Facebookの成長と影響力

Facebookは、2004年2月4日にMark Zuckerbergと3人の友人によって設立され、当初はハーバード大学の学生に限定されていました。その後、他の米国の大学の学生にも提供され、2006年には誰でも利用できるようになりました。現在、Facebookは月間30億人以上の利用者がいると報告されています。

Facebookは、写真やコメントなどの「投稿」をユーザーの関心を引くと考えられるもので提供する「フィード」で知られています。ユーザーがソーシャルネットワークで積極的に関わるほど、Facebookは利用者が共有した膨大な情報を利用してターゲット広告を提供することができます。

Facebookは、コンテンツが「バイラル」になることを可能にし、オンラインのニュースメディアのトレンドを牽引しました。

広告巨大企業としてのFacebook

Facebookは、潜在的な競合他社を買収または模倣することで評判を得ており、InstagramやWhatsAppなどのアプリを含む「ファミリー」を持っています。Zuckerberg氏は、ユーザーを獲得するために積極的に投資し、通常はターゲット広告を含む収益化手法を統合する戦略を貫いています。

Googleと共に、Facebookはオンライン広告の巨大企業となりました。2022年には、このシリコンバレーの企業にとって厳しい年でありながら、利益は230億ドルに達しました。

Facebookの持続的な人気

Facebookは、興味を持つ人々とつながるための「グループ」の追加により、共通の興味(スポーツ、有名人、農業など)を持つコミュニティをオンラインと現実世界で結びつけることに成功しました。また、人々が商品を買ったり売ったりするためのマーケットプレイス機能も人気です。

Facebookは、Instagramの買収を通じてスマートフォンのライフスタイルに転換することを含む最善のビジネス上の決断の一つとされています。これにより、競合他社を排除し、広告の新しいフォーラムを提供し、Facebookに興味を失っている若いインターネットユーザーにアピールすることができました。

Facebookの将来展望

Facebookは、人々の個人データを利用して注目を集めるコンテンツやターゲット広告を提供するビジネスモデルにより、苦情や罰金を受けてきました。しかし、これらの問題にもかかわらず、Facebookは成長を続けています。また、Facebookの拡大は人工知能や仮想現実などの革新への投資を可能にしました。

2021年末にFacebookは親会社名を「Meta」と改名し、Zuckerberg氏の「メタバース」と呼ばれる没入型仮想世界が次の主要なコンピューティングプラットフォームとなるというビジョンに基づいています。

Facebookは、年齢が上がってもなお人気があると言われています。しかし、ユーザーの関与度は把握するのが難しいとされています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です