中東の要約記事を毎分お届け配信中!

スイスの列車での人質事件、容疑者が死亡で終結

サイトを見る

スイスの列車での人質事件、犯人は射殺される

スイス西部のイヴェルドン=レ=バンで、木曜日の夜に発生した列車での人質事件は、警察の突入により犯人が射殺され、人質は無事に解放されたと当局は発表した。

人質を取った男は斧とナイフを持っており、ペルシャ語と英語で話していたと、ヴォー州警察の広報担当者ジャン=クリストフ・ソーテレルは記者会見で述べた。

「現時点では、犯人の動機はわかっていません」と彼は述べた。

また、彼は人質を取った男の身元はまだ公式に確認されておらず、調査が行われていると付け加えた。

男は斧を持って警察官に突進したとされ、警察官によって射殺された。

合計15人の人質がいたが、乗客14人と車掌1人であり、事件は約4時間にわたって続いた。事件は午後6時35分から午後10時30分まで続いた。

犯人は列車の車掌を強制して乗客に加わらせ、乗客が警察に状況を知らせた。

交渉は一部がWhatsAppを通じて行われ、イランで主要な言語であるペルシャ語を話す通訳の助けを借りて行われた。

最終的に当局は列車に突入し、人質から男を遠ざけるための作戦を実行した。

スイスでの人質事件は珍しいが、時折発生する。

2022年1月には、犯罪者が貴金属が保管されている金庫へのアクセスを得るために、カップルと会社の従業員2人を人質に取ったが、結局は略奪せずに逃走した。

また、2021年11月には、時計会社の社長と彼の家族が自宅で人質にされ、襲撃者が金を盗んで隣のフランスに逃走した。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です